ひとときの優しい時間...


仕事帰りにアクトアモーレへ... ストレッチ関連のDVD付Bookを数冊と夕ご飯のおかずを買って、さぁ帰ろう!! って2階の出口を出ると、特設ステージでプロデビューを目指し、活動中のシンガーソングライター 小濱達郎さんが歌をうたっている最中だった。
普通だったらそれほど興味は無いと素通りしてしまうところを... まだプロではない “アマチュア” のシンガーがピアノを弾きながら一人で歌うには結構大きい舞台に、「小濱達郎」と大きな黒い字で書かれた大きな看板が目に入った途端、 何か他のストリートミュージシャンとは一味も二味も違う何かを感じ立ち止まって歌を聴きました。

感想はというと、特別な何かを感じたわけではないけど小濱さんのまわりには温かく、優しく、おおらかな... そういう空気が漂っている感じ。 彼自身が熱く、そして温かいナイスガイだからかな!? それは歌にも表れていて失恋などの悲しい曲もあったけど聴いているといつのまにか元気をもらえるような。

プロデビューを目指すという大きな、大きな目標に向かっておもいっきり歌っている姿をみていると、目指してきた夢や目標は違えど “その時の自分” の姿を思い出して何故だか熱いものが込みあげてきた...。
現在の自分は、決して “その時の自分” が夢に描いた自分ではなく遠くかけはなれた姿だけど不思議と悲しい気持ちにはならなかった。

優しい歌声、温かい歌が癒してくれていたのかも...☆

プロデビューの夢を頑張って必ずつかんでください☆
そして感動する歌を沢山作ってヒットさせてください☆

自分もまだまだこれから!!!
[PR]
# by mayu2005SC66 | 2005-10-26 21:22 | つぶやき...